Neetalive’s diary

読んだ本の紹介や雑記

八雲町、熊野大社にて

この頃意識が混濁してきた。散歩してもらちが明かない。旧跡を回ることにした。晴天で自転車についていた蜘蛛が光の反射でよく見える。国道432号を南下し、桧山東トンネルをくぐる。通学中らしき人達が前後から歩いてくる。トンネルの十字路を左折し工業高校前を通り住宅街に入る。山を越えてさらに山脈が見える。茶臼山が左手の見え、そのふもとに古墳と住宅地がある。住宅地の中に史跡がある。それ以外の山がちなところに家があるのは横浜と似ている。神魂神社を過ぎるとなだらかな登りだ。森を抜けて視界が開けると山に囲まれた十字路だ。

熊野大社までの道に普済寺を見つける。小高い山にある寺で、だれもいない。夜になったらいい景色が見れるかもしれない。右手に小川が見える、さらに進むと熊野大社があった。熊野大社出雲大社と構造は似ている。大社があり、そこを越えると神殿がある。9時前後で人がちらほら見える。背の高い杉が境内をかこっている。静かだ。立ち去るとき蛇を見た。

八雲では温泉が湧出するそうで、近くの施設で温泉に入ることにした。44度の透明なお湯で10人ばかり湯に入っていた。近くの商店で猪肉が売っていた。店主の爺さんに聞くと年に12頭くらい捕っているそうだ。猟銃ではなく罠でとる。赤みが多い肉を300グラム1000円で買った。ロボットを使って狩りをしてみるか。両側に多が広がる道をひたすら自転車で走っていった。

 

梅崎 春生の桜島

海軍通信兵が桜島終戦を迎える話だ。佐世保鎮守府での訓練、その屈辱的な生活や兵の中にある残忍な感情などを書いている。海軍は特に体罰がひどかったらしい。それで俗物になるか、精神が摩耗するか。これは多分現代にもある。理解のない人間のために消耗する官僚とか、エンジニアとかにあるかもしれない。

 

桜島

桜島

 

 

車やバイクが道路を使うときはドライブレコーダーの記録から料金を徴収するとしたらどうなるだろうか?自転車、歩行者はただ。車は走行記録から料金を徴収する。公共交通機関は料金がかからない。ただし、カーシェアをするなら料金は無料にする。物流に必須の車両も料金はただ。私的な理由で車を使う時だけ、一般道、高速道路を問わず料金を徴収できるようになったらだいぶ渋滞が減るだろう。

 

鉄道と道路どちらが維持費が安いのだろうか?需要がない道を舗装していたりするし、事故が鉄道よりも多い自動車用道路は案外高くつくかもしれない。物流も旅客駅を経由するようにすれば変わるかもしれない。線路の寿命が長く更新頻度は道路よりも少ない。

損害保険の仕組みでインフラのメンテナンスをするとしよう。需要の多寡や様々な要素を含んだコストを分析することになるだろう。鉄道は事故も少ないし、車両や線路の更新頻度は少ない。道路の場合はこうはいかない。様々なリスクがある。損害保険を運用する側にとっては、鉄道は安上がりかもしれない。

損害保険やクラウドファンディングamazonのような物流を利用する企業がお金を出してインフラを機能させるなら、道路の需要で維持費をかけるかどうか決めるだろう。大規模データの分析か。面白そうだ。そうやって決めた投資でインフラを動かすと現状よりも安上がりになるかもしれない。

もしかして政府はいらなくなったりするんだろうか?

ブラックユーモアとはどんなものか?

銀行_他人に信用を要求する割に、自分たちは信用に値するかどうかわからない人達、または信用を自分から壊すシステムを作る人たち。

広告代理店_顧客の商品を広めようとしている過程で、自分たちの馬鹿さ加減を広告してしまうユーモラスな集団

地方公共団体_裁量に見合う経営能力もなく、ふるさと納税でさらに地獄を作ろうとしている人たち。税で自分たちの首を絞めるのが得意で、まさに監獄を作ろうとするのが得意な人たち。

ジャーナリスト_政府のを糾弾する割に、自分たちもフェイクニュースを流すような行動を無意識にする人たち。またはそれ自体に気づかない無垢な人たち。

エンジニアもどきのマネージャー_結果を出したことがないのに他人に助言できると過信している人たち。

こういうのをブラックユーモアというのだろうか?

親_自分と同じような存在を複製しながら、過度に貶めたり、都合よく期待したり、年齢で尊敬されていると誤解する人達。

看護師_自分たちの優秀さではなく、税で支えられている医療報酬や生命保険のお金で自分たちの報酬が決められていることに気づかない人たち。

医師_つまらない臨床を淡々とこなす素晴らしいマシーン。研究で一番生き生きする面白い人たち。

クールジャパン_アニメーションを広告する人たちの懐だけを豊かにして、アニメーション制作に関わる人の財布を徐々にクールにしていくよくわからない政策。窮乏化政策。

警察のサイバーセキュリティ課_コンピューターサイエンスの基礎を知ろうとしないのに他人のコードを違法だということにしたいわけのわからない人たち。サイバーセキュリティという割にその研究をしようとしない人たち。ちなみにnsaはちゃんとlinuxのセキュリティに貢献している。

だめな検察官_優先順位がわからず、やたらと立件して無駄な仕事を増やす人たち。逆に自分たちの利益が絡むと今までの無能な勤勉さから一転して、仕事を減らそうとする人たち。

管理職_責任の範囲が広がっているのに、今までと同じような知的水準で物事を判断し、傲慢な指示をすることもある無垢なモンスター。たまに実績をちゃんと出している人がいて、転職してしまったりする。

誹謗中傷とは何か?

これは難しい。

www.kochin-kun.comこの人が言うにはこの記事で私を誹謗中傷しているらしい。それはそれでいいのだが、私が読んだ限りでは感想か批評だと思った。ここで考えるのがブラックジョークは誹謗中傷なのかということだ。

例えば、プロジェクトを進めるときに何かと足を引っ張ってくる人がいたとしよう。そこで私の給料のうちに子供のおもりが含まれているのか?といったり、ベビーシッターをいつから雇わざる負えなくなったんだろうか?とかあなたの専門性は他人の憎悪を煽ることなんですか?とか無駄話の種を量産して他人の生産性を落とすのが得意なんですねと聞いたり。もちろん英語で。

いろいろセンテンスを思い浮かぶことはあるが、できるだけ攻撃的ではない語彙を使うようにしている。

このブログを書いている人は尊敬できる。私が苦手な家庭生活を難なくやってのけるし、設計もできる。そこにしびれるあこがれるってわけだ。そんな人が何か書いてくれるんだから光栄なことだ。誹謗中傷に何らかの型があるんだろうか?人間の認識は面白い。

あと一つ忘れていた。あなたは芸術的なオブジェクトとしては優秀かもしれないが、それ以外はよくわからない。こういうのもブラックジョークなんだろうか?